--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年09月16日 (月) | 編集 |
様子見をしていましたが、相変らずですね。
「暴力団対策の課に行って来た」「警察に相談に行った」等々
売り言葉に買い言葉の中での暴言を「脅された」「脅迫された」と騒いでいるのではないですか?
「殺すぞ」と言われた、と主張していますが、その前後のやり取りが公開されていませんよね?
相手が我慢できない「暴言」を吐いた結果、ではないのですか?
MLで「K女史のご主人や子供さんが知ったら・・」と書き込んだ方、(あえて誰、とは書きませんが)「脅迫された」と書いている方もK女史を「脅して」いますよね?
ご自分たちは何をやっても正義だ、と主張しているようで、「?」ですね。

本多氏が猟銃を保管している事を問題視していますが、日本では許可を受けた方しか所持はできません。
稀に事件が起こる事はあります。
しかし、ただ一言の言葉と結びつけて騒ぎ立てるのはいかがなものでしょうか?
それに猟銃は保管場所の指定があるはずです。
福島ではなく、ご自宅に保管されているのではないですか?

そして本多氏のブログから削除された記事に関しても、虚偽の記載がありました。
この記事のコメントに「活動が虚偽だ」と指摘したものがあった、などと書いていましたが、このようなコメントはありませんでした。
コメント内容は

・星ファミリーから寄付を受けたのか?
・「事情通」とする方からの説明、それに対しての本多氏からの「それは間違いです」という指摘。
・星ファミリーに寄付したけど、ちゃんと使われていてよかった。

などでした。
削除された理由は記載されていないので推測ですが、記事内の協力団体に迷惑がかかる、星ファミリー関係の横やり、ということではないでしょうか。
Dさんが主張しているコメントはなかった事は断言できます。
公開されていないコメントもありませんでした。

コメントといえば、支援を募っている他のブログに中傷コメントが入る、ということが書かれていました。
「支援を募らないで自分の金でやれ」
「わざと死んだ猫の記事を書いて支援金を集めている」などなど。
コメントを書く人の中には、どうしようもない人間もいますからね。
でも、善意の人がその様な悪意の言葉に傷つけられるのは・・・。
私がここで書く事が「病的で悪意に満ちている」と主張する方もいるようですが、私はDさんに悪意を持っているわけではありません。
福島に毎週のように通う行動力は素晴らしいし、それを継続する事も素晴らしい事です。
いろいろな方に賛同を得て、巻き込んでいくカリスマ性もある方だと思います。
だからこそ、根拠の無いことに囚われることがないように、そして立ち上げた団体で頑張っていただきたい、と思うのです。
余計な事にとらわれると、団体自体の信頼性に傷が付くことにもなりかねませんからね。
まずは代表の方のお名前を公表していただきたい、と思うのですが・・。
いかがでしょうか?






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
同感です。
あの地に取り残された子たちを助けたいという気持ちで、それを実践して下さる方たちには本当に頭が下がります。危険をおして、自身の時間や労力、経済もかなりのご負担であろうと思います。自分にはそうできない負い目やもどかしさがあるので、実践してくれる方たち、団体をなんとか支えたいと思って、あの子たちに届くであろうご飯や支援金を送っている一人です。
私たちが支援する団体を選ぶときに最優先にするのはやはり『信頼性』ではないでしょうか。どんなに尊い活動をしていたとしても、他人を中傷したり、それも人格に係るとても言葉にしがたい内容は見ていてこちらも傷つく気持ちです。
Dさんの新しい団体も、今の支援者のみでやっていくには限界があるでしょう。規模が大きくなればそれだけ消費も大きくなります。せっかく助けた子たちが少しでも良い環境で生活し、いずれは理解ある里親さんに移っていけるようにするためにはたくさんの多岐にわたる支援者、理解者が必要になると思います。
その時に、今のような状況では多くの人が支援に踏み切ることができないのでは?と心配です。
こういうことを書くと、Dさんを応援していないように思われがちで不本意なのですが、誰が見てもDさんの活動を心から応援したい、自分になり代わりあの地にご飯を、気持ちを、運んでほしいと思ってほしいし、それを永く強く続けてもらうことが大事なので、そうするためにはたくさんの人に新しい団体なりDさん自身なりを理解し信頼してもらうことが必要なので、もうNDGに振り回されないで(NDGが悪いと言っているわけでもないです)凛として、活動をしてほしいのです。
2013/09/17(Tue) 16:07 | URL  | 通りすがりA #-[ 編集]
自分達が除名されてしまっても正義であるためには、なにがなんでも相手が悪でなくてはならないのでしょうね。
収支報告については、横領した証拠がないから追及しきれないのでは?
だから「一匹引き取るのに二万円」などの嘘や、隊長の前科、猟銃がどうのこうのと騒ぐしかなく・・・
単なる私怨に思えてしまい、逆効果だと思うのですが。

祖父が昔猟銃を持っていました。
田舎ですから隊長のようなクレー競技用ではないですが、銃を持つには厳しい審査があるそうです。
家族・親戚は当然として友人関係や勤め先まで、その人だけでなく関係者までが、暴力団関係者がいないか等聞き込み調査をされます。
毎年か何年かに一回か忘れましたが、免許の更新の時には精神鑑定を受けて診断書を提出しなくてはなりません。
つまり猟銃を所持している人は、警察の管理下にあり、所持していて問題ない人だと判断されているわけです。
もちろんそれでも事件はありますが、一般人が犯罪を起こす率のほうが高いでしょう。

言わずもがなのことを書いてしまいました。
でも、銃所持者だから身の危険を感じ警察に相談とあっては、祖父まで貶められたようで・・・
申し訳ありません。
2013/09/19(Thu) 01:18 | URL  | 文月 #4SYCNRj.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。