--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年04月21日 (日) | 編集 |
ちょっと笑える話。
「あの方」が地元のO動物病院に出入り禁止になった訳を知らせていただきました。

「あの方」がO動物病院に依頼したこと。

あるペットの火葬業者に猫の火葬を頼んだが、返ってきた骨が犬の様だ。
骨が犬の骨か鑑定して欲しい。


獣医さんはそんなバカらしい依頼は受けられない、そんな依頼をしてくる方はお付き合いは出来ない、との事らしい。
「あの方」も依頼を受けてくれなかった獣医にご立腹、とか・・。

「あれ?」と思いませんか?
たしか「Sさんが殺した」と主張したトラ猫の毛色と、Sさん宅に居るトラ猫の毛色を獣医に見てもらった、その結果別の猫だった、なんて書いてたお仲間ブログありましたよね?
よっぽど専門家のお墨付きが欲しいんですね。
普通こんなこと、いくら懇意の獣医にでも依頼しませんよね?

そして火葬業者から帰ってきた骨が別のものだった、って、過去に「あの方」がやっていたことですよ。
被害者の方から直接お話を伺いましたから。
子猫の火葬をお願いしたら、返ってきた骨は「カビの生えた古い骨だった」ってね。
それに「あの方」、あの○○院に飼い主を騙して預かった犬の遺骨を返却しないで置いています。
その一部を持ち出して・・・、なんて、まさか「あの方」でもしませんよね~。
いくら非常識なことを言い出す「あの方」でもね。
だんだん「ま○こ」さんの大好きなオカルトじみた話が出るようになって来ましたね(笑)
「あの方」の周りでは同じ様なこと、起こりますね~。

「動物いのちの会いわて」さんがブログで「当会に支部はありません」と書いていらっしゃいました。
似た名前を語って寄付集めをされたりしたら、寄付した方に申し訳ないですからね。
問い合わせが複数来たのかな?








スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。