--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年07月31日 (水) | 編集 |
前回の記事で取り上げたにゃんだーガードの内紛、とうとう名誉毀損での告訴、となりそうです。
そのことを訴えられる側の方がフェイスブックで報告していたので、ここで取り上げても問題はないと思います。
まず、その報告に対するコメントを見たときに、裁判に無縁な方の誤解を感じました。
名誉毀損の訴えに「事の真偽は関係ない」と言うことをご存知ですか?
Wikipedeaから引用させていただきます。


その事実の内容の真偽を問わない(信用毀損罪の場合は虚偽の事実でなければならない)。つまり、例え真実の犯罪行為の公表であれ、ただ発言内容が真実であるというだけでは免責されない(後述する真実性の証明による免責の問題となる)。また、公知の事実であるか非公知の事実であるかを問わない(大判大正5年12月13日刑録22輯1822頁)。事実を摘示せずに、人に対する侮辱的価値判断を表示した場合は、侮辱罪の問題となる。


また、刑罰としては下記となります。

公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立する(刑法230条1項)。法定刑は3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金である。

私がコメントした方に注意を促した点は下記にあたることになります。

「公然」とは、不特定または多数の者が認識し得る状態をいう。「認識しうる状態」で足り、実際に認識したことを要しない(大判明治45年6月27日刑録18輯927頁)。また、特定かつ少数に対する摘示であっても、それらの者がしゃべって伝播していく可能性が予見でき、伝播される事を期待して該当行為を行えば名誉毀損罪は成立する(伝播性の理論)。


摘示される事実は、人の社会的評価を害するに足りる事実であることが要求されており、事実を摘示するための手段には特に制限がなく、『インターネットの掲示板で書き込む』『張り紙で噂を広める』『街宣車を動かして噂を宣伝する』などの場合であっても成立する。

つまり、いろいろなところに書き込むことによって足を引っ張る行為になる、と言うことです。
詳しくはWikipedeaのページをご覧ください。

名誉毀損は「疑惑」を伝播している方だけにとどまりません。
同調して広めた方なども訴えられる場合があります。
今回の他者のブログへのコメントなども、考え方では対象になりうるのです。
身元が判らないでしょ、なんて言うのは大きな間違い。
告訴状が受理されたり、裁判所命令があればブロバイダーに「発信者情報開示請求」が出されて、契約者は把握されます。
私が「あの方」に出されたものですが、あの場合は弁護士が出したので認められませんでした。
警察、裁判所からの要請であればほぼ開示されるようです。

そして訴えた側の仕事などに影響があった場合、損害賠償で訴えられる可能性もあるのではないでしょうか?

今回の場合、煽っている方々も問題があると思います。
今回訴えられそうな方も煽られたように感じます。
私は真実はどうかは判りませんが、最初から横領があった、と言うことを前提に話が進んでいることに問題があるのではないでしょうか?
収支報告に疑問がある、ということであれば、内訳を知りたいと直接申し入れるべきです。
掲示板などを使わずに、です。
具体的に「拠点経費が多額だけど、内訳を教えてください」など聞きましたか?

いろいろな方の発信した内容を見ると、具体的なものが見えてきません。
特に直接係わっていない方が「こういうことを聞いた」などが多すぎます。
それを「そうに違いない」と暴走する人が居る・・・、悪循環です。
ここまでなってしまったら、マスコミ云々なんてのんきなことは言ってられません。
逆に善意の人を陥れた、と言われる可能性もありますから。
応援してくれる人は沢山いる、と思うでしょうが、大多数の方は経緯を見守るだけ、です。
まずは細かな収支報告が出てから、の話でしょうね。

記事内容は私見もありますが、感情的なコメントはご容赦ください。
お返事をするのに困ってしまいますので。


追記
先程訴えられる側の方のコメントを拝見しましたが、顧問弁護士の方が立派な方のようで裁判になるのが楽しみのようですね。
無駄な時間と労力を心配を心配しておりましたが、徒労のようでした。
支援者の方々と新たなシェルターに向けて頑張っていただきたいものですね。





スポンサーサイト


2013年07月19日 (金) | 編集 |
まず、にゃんだーガードの件についてこちらのブログにあれこれ書くのは間違っています。
コメントにもありましたが、このブログの本来の目的は「あの方」とする詐欺まがいの自称ボランティアの被害者を増やさないっことです。
たまに違う管理者の考えを書くこともありますが・・。
この件については何で巻き込まれるの?と言うのが私の本音です。
「調べろ」「判っていない」とコメントに書いている方も居ますが、何故にゃんだーガードの関係者でもない私が調べたり、その件について書かなければいけないのですか?
そして「出戻りの猫が居る」との事ですが、誰かとお間違いのようですね。
確信を持って書いているようですが、ウチには出戻りの猫など居ませんよ。
もしかして「あの方」が目の敵にしているSさんと勘違いしていますか?

また数秒で調べられた、などですが、そんな他人事を調べるほどヒマではありませんし、確認して欲しいならアドレスを知らせるのは当たり前のことでしょう。
それを全て私の落ち度のように言うのでは、「?」としかおもえません。
事の推移を見守っている、と書いたのは関係者だけじゃありませんよ。
信用して寄付をした一般の方々にも「調べろ」「糾弾しろ」とでも言うのでしょうか?
それとも福島に行って事情でも聞けば納得するのですか?
関係のないブロガーに噛み付いて騒ぐ、と言うのが、真剣に問題を解決しようとしている方々の足を引っ張る、と言っているのです。
他の人気ブログのコメント欄にも、関係者のまとめたことの経緯の文章を長々と載せて「拡散希望」としている方が居たようですが、その様なことはブログ管理者に「拡散希望を頼んでいいか」、と問い合わせるべきではないでしょうか?
初期の頃に少し係わった、というだけで選んだのでしょうか?
あまりにひどい状態になるのであれば、今回の騒動の当事者の方に相談したいと思います。
声を上げた方々はこんな展開は望んでいないはずですから。


追記
アドレスをお知らせいただいたので北海道の団体のブログを拝見いたしました。

札幌わんにゃん支援隊

私はこの会の見解に賛成です。
写真展の目的は未だに続く被災動物の苛酷な現実、飼い主様の苦悩を知らせていくことです。
この目的に対しては反対する理由はないと思います。
この写真展でまた疑惑の方にお金が入るのではないか、との危惧で反対されているのだとは思います。
だからと言ってこの団体に難癖つけるのはいかがなものかな、と思いますが。
また激高したコメントが入っちゃうかな?





2013年07月18日 (木) | 編集 |
前記事が判りづらかったと思いますので、カギコメとして投稿されたコメント全文を公開させていただきます。
ハドルネームは「にゃんだーを知る者」さんです。
ご連絡先がわかりませんし、前記事に対しての反応もありませんでしたので、ブログ管理者の権限で公開させていただきます。



貴女が応援している記事のにゃんだーガードですが、
*写真展等で得た収入を税務申告していない。
*支援されたフードを購入したことにし、それを転売している。
*スタッフ移動は全て支援金からグリーン車使用。
etc 公式メールングリストで告発されている団体ですよ。

まだまだつつけばボロが出ます。
裏帳簿 隠匿 偽造 
にゃんだーのちゃんとした収支報告どこにもありませんよ。
領収書の写真でてますか?

スタッフへの暴言知っていますか?
お酒 つまみ 寄付してもらってウホウホなのは?

スタッフ必死でもちゃっかり気晴らしとやらのおでかけに
キーンと飛んでっちゃったのは?
どのお金はどうしたのかな?

表しか見ていないのは貴女では?
こうして文字にして出すことで、
信じた人が寄付をする、 
にゃんだーガードも同じことですよ。

記事にする前に実際はどうなのか自分で動いて、
その目で確かめて記事にしてください。それから犬の散歩の記事を
代表の美談のように書いていますが、
危険な散歩の仕方をしているのは代表で、
それを犬をよく知っているボランティアが何度も注意しているにもかかわらず、
放置していた事による問題ですから、代表が謝ってしかるべき事なのです。

あの場にいたら細い道をわめきながら走る犬に恐怖を感じるのは当たり前で、
それを自らしていたのが代表なんですから。

これは あくまでも当方の情報です
貴女は載せてしまった以上公式MLでも入手して
きちんと調査し自分の言葉で訂正をするべきでは?



私がこのコメントにすぐに違和感を感じたのは何故なのかな?と考えました。
それは「自分が敵視する相手を多少でも賞賛する人は全て悪いやつだ」と考えているように感じたから。

私は「あの方」を応援している方々は一部を除いて「被害者」だと思っています。
嘘のお涙頂戴ブログを信じて支援してしまっている方々は、詐欺まがいの行為をしている「あの方」の仲間ですか?違いますよね。
「あの方」と一緒になって、嘘八百のブログを書いている「ま○こ」「○○ンチ」「○ぅ」は仲間ですけどね。

にゃんだーでも成りすましのような支援者まがいが出てきて、失笑をかっているようですが・・。
やり口は「ま○こ」のブログの読者もどきが「法務局に行って来ました!」と同じですね。
なんで同じ様な事をやるのかな?と思わず笑ってしまいました。
すぐバレてるし・・・・。
ちなみに法務局は私は本当に行って、普通は見ることが出来ない書類も確認させていただきました。
「あの方」は見たかったろうけど、職権でもなければ見れませんから(笑)

それから私が危惧するのは、このようなコメントなどを他の方にも送っている、と言うことです。
やっているのが一人なのか、複数なのかは判りませんが、このような間違った正義感の暴走は投稿された方に迷惑をかけるだけではなく、不正を告発しようとしている方々の足を引っ張ることにもなります。
沢山の支援者の方々が事の推移を見守っている中、このようなことは止めて頂きたいですね。

もちろん、現場のボランティアさんたちが一生懸命やっている、と言うことは重々承知しています。
そしてここまで大きくなった組織が、より良い方向に立ち直って欲しい、と思っています。










2013年07月08日 (月) | 編集 |
カギコメを入れていただいた方にご連絡です。
申し訳ないのですが、書き込むところを間違っていませんか?
特定の団体の事を色々書かれていますが、記事内で私は


もちろんにゃんだーさんの件は私は何も知らないので、意見を言うこともありませんが一つの具体的な例として出させていただきました。

と書いています。
これを「支持している」、と取ったのでしょうか?
アチラのブログにこう書いています、と例を出せば、肯定している、と取るのでしょうか?
そして「実際に見てみろ」「訂正しろ」とは八つ当たりとしか思えません。

にゃんだーさんにゴタゴタがある、と言うことは、関係者のフェイスブックで今日知りました。
で、にゃんだーさんは全てにおいて悪質な団体なのですか?
メンバーの方々で給餌活動をしている方も不正をしているのですか?
文句があるならカギコメなどでコソコソしないで、実名を出して抗議している方のようにしたらよろしいのでは?
カギコメでは私にしか見れませんよ。
訳の判らない文句を付けられては不愉快です。
それとも支持している、と決め付け色々なブログにこのようなコメントを入れているのですか?
それともこのブログに限ってですか?





2013年07月05日 (金) | 編集 |
まずはこの記事

にゃんことバーベキュー

福島で大掛かりに保護活動をされている「にゃんだーガード」さんの記事です。
代表の方をはじめ、皆さんで地元に気を遣いながら活動をしていた様ですが、やはり苦情が・・・。
本文にもありますが

俺たちは散歩する時に出会う地元の方達とは、大変良い関係を作ってきました。
しかし、散歩の時に出会わない人たちの中にこういった感情があったのに気が付かなかったのは俺の責任です。


よく1件のクレームの影に声になっていないクレームが沢山ある、と言いますが、このような事になってはじめて気付く、ということは日常にも多々あることです。
「早く言ってくれれば」「言わないから判らなかった」色々言い分はありますし、どちらが正しい、と言うこともありません。
もちろんにゃんだーさんの件は私は何も知らないので、意見を言うこともありませんが一つの具体的な例として出させていただきました。

一般家庭の多頭飼いや動物を扱うシェルターなどはどうしても匂い、泣き声等でトラブルが起きやすい場所です。
何かしらのトラブルなどがあると一気に噴出して、収拾が着かなくなる場合もあります。
ましてご近所付き合いをないがしろにしていたら、その可能性は何倍にもなります。
貸家であれば、大家さんにもご迷惑がかかります。

そうなったら被害者面して泣き言を言っても、誰も相手にしてくれません。
開き直ったらなおさらです。
ネットの世界で慰めてもらっても、応援してもらっても、あることがあれば潮が引くように消えてなくなる、なんていくらでもあります。
にゃんだーさんのいいところは代表の方が、きちんと問題に向き合っていることです。
いじけたり、人のせいにしていないこと。

文句ばかりで人を当てにしてばかり、感謝の言葉は上辺だけ、って方、居ませんか?
何かというと公権に頼って、自分を正当化していませんか?



くっくのブログ 付録!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。