--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年08月10日 (土) | 編集 |
ライターの方が書いたブログ記事

被災ペットボランティア

映画製作者の方のブログ記事

ええかげんな奴じゃけん

どう見ますか?
実際に見て、会った方が書いたものです。
現地に行った事もない、本人と会ったり話したりしたことがない人が、非難する人の意見を鵜呑みにしてもいいのでしょうか?
人間誰でも欠点があり、暴走することはあります。
ただ、その部分だけを持ってその個人に人格を否定するような発言はいかがでしょうか?
そしてその行動は、ご自分の支持する人を追い込むことになる場合があります。
今回の車の補償金問題、敷地への立ち入り禁止、などはその結果ではないでしょうか。
このような事態になっても、無責任な発言をする方々の気が知れません。
「脅迫罪だ」「窃盗だ」と騒ぐ前に、貴方達は「名誉毀損」の行為をしていることを自覚していますか?
私はどちらも言い分があると思っています。
ただ、こんなにこじれてしまった以上同じ団体で居ることは無理でしょう。
Dさんの支援者の方々は、彼女が今まで通り給餌活動が出来るよう支援をしてあげてください。
警戒区域内の猫たちには、人間の身勝手な行動は関係ありません。
そして、そこから保護された命も、野良猫の子として生まれて遺棄されそうになっている子の命も同じ命です。
こっちは保護しないのに、あっちは保護するのか、と言う苦情は止めてください。
現地ならではの事情があります。
その場にいる方々の苦渋の選択に文句を言う権利は、外野にはありません。
文句を言いたいのなら、現地に行って、見てから言って下さい。
きっと黙って、自己嫌悪に陥って帰るだけ、ですから。


追記

木曜日に更新されたブログです。

民の声新聞

Dさん側の方のブログも紹介しておかなければ不公平ですね。
リンクが出来ませんので、チャリティーコンサートなどで協力していた「岸倫仔」さんのブログを検索してください。







スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。