--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年12月02日 (月) | 編集 |
「あの方」の妄想を信じている方々・・、しょうがないですね。
少し検索すればわかることなのに・・。
疑問を感じて調べた方から、「疑問は確信に変わりました。」というご連絡を受けたとが救いですね。
「あの方」を信じている方、る○○んさんのようにある日突然とんでもない人にされませんように。


「悪人」扱いされているSさん、管理センターの職員の方と高校に呼ばれて、地域猫などに関して講演を行った、とか。
とんでもない悪人にそんな話が来ますか?
その謝礼は、保護のための医療費に全額使った、と。
このような方が、寄付金の横領を企てた?
常識で考えたら、そのような事を書く方こそ「?」ではないでしょうか。


それに協力者が沢山居て、頼ってくる方も沢山のSさん。
かたやお涙頂戴の話しばかりで、協力者も保護依頼、譲渡の話しも何もない「あの方」。
どちらが世の為、人の為に働いている人物でしょうか?
「あの方」の支援者は、オカルトまがいのブログ記事を書いたり、嘘の安楽死事件の記事を書いたり、と禄でもないことしかしません。
ついでに県外に住み、リアルな事情も判らない状態。
どのような判断をしますか?


フェイスブックで「あの方」に40万円を騙し取られた方の友人が、被害を訴えていました。
ほかにももっと多額の被害者がいるとか。
騙し取る手口。
「シェルターを一緒にやらない?」と声をかけ、内装などの資金を出させて完成後に嫌がらせをして追い出す。
そして鍵を勝手に変えて自分で使う、と言う乗っ取りの手口。
ついでに、自分の所有のプレハブを売り渡す、と言いながら、他人所有の物を売りつける横領も。


以前「あの方」を信用していたブロガーさん、「猫の楽園を作りたいの」という「あの方」に危うく協力するところでした。
たまたま、その方の近所のご友人が私の猫繋がりの知り合いで、事情を話して理解していただきました。
シングルマザーのその方、生活が破壊されるところでした。
「霊園を造る」と言って、遺骨を預かったまま知らんぷりの「あの方」。
また同じ事をしようとしたみたいですね。
放置された遺骨、3年以上家族と離れたまま泣いているのではないでしょうか?
同じ事をされて、「あの方」を信じる事ができますか?
「あの方」のブログに好意的コメントをするだけでも、詐欺に片棒を担ぐことになります。
知らないうちに人を不幸に陥れているのですよ。









スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。