--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年03月26日 (火) | 編集 |
「削除要請」はライブドアに認められなかったそうです。
常識的に見て、あの記事で誹謗中傷、著作権侵害、は「?」ですからね。
警察も「個人名など個人を特定できる記述がないと、誹謗中傷とは言いがたい」と言う見解だそうですから。
多分書かれているのは自分だ、と決め付けているのでしょうね。
様々な事をしているから、誰かにやり返されるのじゃないか、と怯えてる、とも言われていますし・・。
「請求者」の心のうちなどはわかりませんが。

「あなた様へ」と行政の方が書いている謝罪文、とやらをあるサイトで見ました。
「管理センター」と「あの方の名前」で検索をかければすぐ出てきます。

そのサイトの管理者は、当時「あの方」を素晴らしい方、と思っていたようですね。
「あの方」への擁護論を書いていましたから。
その記事は、知らない人にすると今でも「あの方」が管理センターの不正を暴いた、と認識させる内容です。
この記事自体を削除していただきたい、と思うのは私だけではないと思います。
実際、何も知らずに「あの方」と会った人で「私を紹介している記事だから見てね」と言われて、信じきって手伝いをした、という方がいますから。
このサイトの管理者には、今度は「あの方の不正を書いた」記事をアップしていただきたいものです。
記事の削除、などは管理者であれば簡単に出来ることです。
是非、このサイト管理者の関係者の方がこの記事を見ていましたら、働きかけをお願いいたします。

ちなみに「あなた様へ」を書いた方は、この当時マスコミ等に糾弾され、退職後まもなく亡くなったそうです。
あることないことを言われ、悔しい思いのままであったのなら無念の死、であったかもしれませんね。

それにしても「あの方」は人に謝罪文を書かせるのが大好きなようで・・。
それを見て優越感に浸って得意になっているのでしょうか?
まったく異常なくらいの自己顕示欲、と思いませんか?(笑)
そんなことで得意になっているなら、もっと自分磨きでもなさったらいいんですよ。
支援者の方が私に勧めてくださっていましたが(笑)
自分磨きもいいですが、引き取った猫の世話、ちゃんとしてくださいね。
もしかして○○院で写真を撮った後、優しい支援者に丸投げしていませんか?












スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
虚言癖
ライブドアさんを善良な市民の話を聞くよきプロバイダーと皆さんで応援しましょう。
常識の通じないキー〇〇オバーサンは怒り心頭かな。

本日面白い話が載っていましたので紹介します。

「この世には、嘘をつくという目的のためにだけ嘘をつくという人も存在する」というパスカルの言葉は真実だと思った次第である。
また、嘘をつき続けることを可能にするイネイブラー(支え手)が存在することである。嘘つきの周囲にも、嘘を信じてうなずいたり、おもしろがったりする人がよくいる。嘘がばれた後も信じ続けているこういうイネイブラーがいるからこそ、虚言癖はなかなか治らないのである。

なんとも名言です・・・・フフフ。


2013/03/28(Thu) 14:07 | URL  | 倫子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。