--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年06月12日 (水) | 編集 |
今まで収支報告をすることは義務ではないか、と書いてきました。
他の個人ボラさんなども、遅れながらも収支報告を公開しています。
先日も「あの方」の被害者の方も一年半分の収支を報告していました。
「一年半」と書くと、「そんなにしていなかったの?」と思う方も多いと思います。
ただ、お仕事を持ち、「あの方」の嫌がらせのせいでご家族が病気になり、看病の末に看取る、その期間だったとしたらどうでしょう?
動物の世話は休みはないしで、「しょうがない」ですよね?

その様に組織ではないボラさんは様々な事情があって、収支報告が遅れる、なんていくらでもあり得ることです。
「やりたいけど時間的余裕が取れなくて遅れる」と「元々報告する気がない」と言うのは、全く次元の違う話です。
それこそどこかのブログのコメントに書かれていたように
「ブログを書いたり、他にコメントを書くヒマがあるなら収支報告をしろ」ですよね?
あのコメント「あの方」か「関係者」ですよね?
ご自分に言っている言葉ですか?

「まさか自分が収支報告していないのに、他の人は責めないでしょ」といっている方が居ましたが、それを当たり前に出来る「恥知らず」なんですよ「あの方」は。
以前に記事に「医療費が○○○万円かかりました」と書いていましたよね?
計算したのなら、○○病院いくら、××病院いくら、だけでも書けませんか?
領収書の束の写真を、病院名が判るように撮って載せたらいかがですか?
水道工事代金、シェルター工事代金、業者の方がよこした領収書の写真をなぜ載せないのですか?
どうせ「あの方」は知らんぷりでしょうから、支援者の「ま○こ」さんか「○○え」さん答えていただけないでしょうか?
「○ぅ」さんは嘘がわかって脱会したのか、成りすましの人が忙しいのかお見かけしませんね。

シェルター工事の業者さん、山形ナンバーのシルバーのトヨタのワゴン車でしたね。
コチラの方に工事代金の総額をお聞きしましょうか?
動物救援本部にはまだ報告していないでしょうから、報告期限後に相違がないか問い合わせてみましょうか?
ボロが出る前に収支報告はした方がいいですよ。




くっくのブログ 付録!





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/08(Mon) 15:49 |   |  #[ 編集]
おつかれさまです
あのかたの寄付金が不正に使われているという動かぬ証拠はつかんでいるのでしょうか?公表はしますか?

かっこたる証拠がないと、何か難癖つけられたときに残念ながら、くっくさんが不利になってしまうと思います。
多分寄付で買ったのだろうの、多分ではだめなんです。

ちなみに不正疑惑のピースハウスの場合は、電話録音
などしていました。これをきいて、今まで半分うたがっていた
人たちもなっとくしています。このような手もあります。

詐欺師との戦い
http://blogs.yahoo.co.jp/miketora1964/24858254.html

Dさんにしても不正をしているとかいているだけなの
で、どうも信用できません。
2013/09/08(Sun) 07:32 | URL  | まる #hSCFVYi.[ 編集]
まる様
「あの方」は不正に使っている、のではなく、「使っていない」のです。
動物救援本部からシェルターなど施設整備のために750万円を2011年に受け取っています。
しかし、実際に作ったシェルターは小さなプレハブ3棟。
内装なども含めて、業者から見ても250万円くらいのもの、だそうです。
また、水道工事の費用も本部提出の見積もりの中に入っていましたが、これは東京の方からの寄附金25万円を一部当てての総費用は約40万円、とご自分でブログに記載しています。
750万円をいただいて、2年以上経って300万円位の支出となります。
このお金は余剰金が出た場合、本部に返金する旨の誓約書も提出されています。
「あの方」は震災後に大工さんの都合が付かなくて遅れた、などといっていますが、それにしても見積もりの金額からは大幅に下回る金額となります。
この750万円の中に医療行為などの経費は認められていません。医療費等は別に150万円が交付されています。
この余剰金の返還、収支の報告を求めているのです。
個人からの寄付も多額に上り、総額は1,000万円を超えていると思われます。
その寄付をしていただいた方への責任としての収支報告、を求めているわけです。(救援本部に寄付した方へも含めて)

そして、「あの方」は震災前に「霊園を造る」といって複数の方から遺骨、墓石を預かっています。
その返還要求に応じないばかりか、交渉に来た方に対して警察を呼び、不法侵入を訴えて追い返しています。
愛犬の遺骨が返還されない方は、死ぬまで恨んでやる、とまで言っています。
これについても速やかに返還するように要求しています。
「あの方」がやってきた事は、愛犬、愛猫家の心を踏みにじる不正行為です。
保護依頼に対して多額の金銭を要求、金銭を受け取ったにもかかわらず保護をしない、保護した方に受け取ったお金を一銭も渡さない、ということもしています。
Dさんの思い込みかもしれない行動とは、全く次元が違う事なのです。
2013/09/08(Sun) 09:51 | URL  | くっく(管理人) #7plri3SY[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。