--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年07月19日 (金) | 編集 |
まず、にゃんだーガードの件についてこちらのブログにあれこれ書くのは間違っています。
コメントにもありましたが、このブログの本来の目的は「あの方」とする詐欺まがいの自称ボランティアの被害者を増やさないっことです。
たまに違う管理者の考えを書くこともありますが・・。
この件については何で巻き込まれるの?と言うのが私の本音です。
「調べろ」「判っていない」とコメントに書いている方も居ますが、何故にゃんだーガードの関係者でもない私が調べたり、その件について書かなければいけないのですか?
そして「出戻りの猫が居る」との事ですが、誰かとお間違いのようですね。
確信を持って書いているようですが、ウチには出戻りの猫など居ませんよ。
もしかして「あの方」が目の敵にしているSさんと勘違いしていますか?

また数秒で調べられた、などですが、そんな他人事を調べるほどヒマではありませんし、確認して欲しいならアドレスを知らせるのは当たり前のことでしょう。
それを全て私の落ち度のように言うのでは、「?」としかおもえません。
事の推移を見守っている、と書いたのは関係者だけじゃありませんよ。
信用して寄付をした一般の方々にも「調べろ」「糾弾しろ」とでも言うのでしょうか?
それとも福島に行って事情でも聞けば納得するのですか?
関係のないブロガーに噛み付いて騒ぐ、と言うのが、真剣に問題を解決しようとしている方々の足を引っ張る、と言っているのです。
他の人気ブログのコメント欄にも、関係者のまとめたことの経緯の文章を長々と載せて「拡散希望」としている方が居たようですが、その様なことはブログ管理者に「拡散希望を頼んでいいか」、と問い合わせるべきではないでしょうか?
初期の頃に少し係わった、というだけで選んだのでしょうか?
あまりにひどい状態になるのであれば、今回の騒動の当事者の方に相談したいと思います。
声を上げた方々はこんな展開は望んでいないはずですから。


追記
アドレスをお知らせいただいたので北海道の団体のブログを拝見いたしました。

札幌わんにゃん支援隊

私はこの会の見解に賛成です。
写真展の目的は未だに続く被災動物の苛酷な現実、飼い主様の苦悩を知らせていくことです。
この目的に対しては反対する理由はないと思います。
この写真展でまた疑惑の方にお金が入るのではないか、との危惧で反対されているのだとは思います。
だからと言ってこの団体に難癖つけるのはいかがなものかな、と思いますが。
また激高したコメントが入っちゃうかな?



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人様
お疲れさまです
私も震災直後に、助けていただいた団体に対する御礼の気持ちを
ネット上に書き込んだ時に「とんでもない団体なのに喧囂々・・」
(信用ある調査期間に問題が無い団体であると確認済みの上でした)
と反響があり困惑したことがあり、
以来、特定の団体名を挙げて支援するのはやめております。
正直な気持ちとしては「地元の私が何も出来ない様な
酷い危険な状況の中でレスキューに来てくれた方々に対して
高みの見物のあなた達が言える事?!」ですけど。

正当な活動をしている団体に対してでも、
問題点を指摘される方はいますしね。

募金活動で動いているのなら仕方のない事なのだと思います。

だからこそ、
活動内容の報告と収支明細の公開が必要要素なのです。。

そこで本題も戻ります
「あの方」のところはどうなんでしょうね(笑)
支援者の皆さんが優しい(振り込めサギに何回でも騙される様なタイプ)の方ばかりで羨ましい。なんて、
他の愛誤団体からうらやましがられているかも・・




2013/07/20(Sat) 15:36 | URL  | もん #halAVcVc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/24(Wed) 14:03 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。